世界遺産とは

世界遺産とは、1972年のパリ本部のユネスコ総会で採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)
に基づいて登録された人類が共有すべき普遍的な価値をもつ遺跡や景観、自然などのもので、国や民族をこえて、人類が共有すべき普遍的な価値をもつ遺産を対象とされています。

つまり、地球の生成と人類の歴史にとって、過去から引き継がれた貴重な宝物といえるでしょう。

その遺産としては文化を始め自然などに対して「世界遺産」登録をすることで、国際協力を通じて世界全員で次の世代に受け継いでいくために、そして未来へ引き継ぐために行う保護のことをいいます。

法隆寺地域の仏教建造物

法隆寺地域の仏教建造物奈良県生駒郡斑鳩町にある「法隆寺地域の仏教建造物」は、1993年12月に文化遺産として世界遺産に登録されました。

この法隆寺地域の仏教建造物とは法隆寺および法起寺の建造物のことをさしており、飛鳥時代の貴重な文化財として1400年にわたって保管されておりました。

→ 法隆寺地域の仏教建造物を詳しく見る

姫路城

姫路城兵庫県姫路市にある「姫路城」は1993年12月にユネスコの世界遺産である「文化遺産」に登録されました。
16世紀の日本を代表する城郭建築である「姫路城」は、580年、羽柴秀吉(豊臣秀吉)によって築城されたお城で、
その白漆喰の城壁の美しさから「白鷺城(はくろじょう)」と呼ばれており、
白壁が美しく華やか、そして華麗なたたずまいはまるで羽を広げて舞う白鷺のようだということでそのように呼ばれています。

→ 姫路城を詳しく見る

古都京都の文化財

古都京都の文化財1994年12月に世界遺産に登録された「古都京都の文化財」は、「古都京都」とされる京都府京都市、宇治市、滋賀県大津市に点在する木造建築が登録資産となっております。
観光旅行や修学旅行でも人気が高い金閣寺(鹿苑寺)や銀閣寺(慈照寺)も世界遺産として登録されています。

→ 古都京都の文化財を詳しく見る

白川郷・五箇山の合掌造り集落

白川郷白川郷は、岐阜県の白川郷と富山県の五箇山にわたる飛鳥地方(岐阜県白川村荻町地区、五箇山は富山県南砺市相倉地区と菅沼地区)にある「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、1995年12月に世界遺産へ登録されました。

→ 白川郷・五箇山の合掌造り集落を詳しく見る

 

原爆ドーム

原爆ドーム広島県広島市にある原爆ドーム(広島平和記念碑)が世界遺産として登録されたのは1996年12月のことです。

原爆ドームは米軍の爆撃機エノラ・ゲイが世界で初めて原子爆弾を広島に投下した1945年から約50年後に、原子爆弾のない世界を築き、恒久の平和を守るように世界遺産と登録されたことは世界的にみてもも価値あることだと思います。

→ 原爆ドームを詳しく見る

厳島神社

厳島神社「厳島神社」は、広島県廿日市市宮島町にある神社で1996年12月に世界遺産として登録されました。

→ 厳島神社を詳しく見る



古都奈良の文化財

古都奈良の文化財古代日本の最初の都である平城京があった奈良県奈良市に点在する
「古都奈良の文化財」が1998年12月にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

→ 古都奈良の文化財を詳しく見る


日光の社寺

日光の社寺栃木県日光市の「日光の社寺」は1999年12月に世界文化遺産リストに登録されました。

→ 日光の社寺を詳しく見る



琉球王国のグスク及び関連遺産群

琉球王国琉球王国とは、12世紀から17世紀まで現在の沖縄で繁栄していた自治王国で、日本と中国、韓国、東南アジアを結ぶ中継貿易の拠点として外交や貿易を盛んに行っていました。

→ 琉球王国のグスク及び関連遺産群を詳しく見る

紀伊山地の霊場と参詣道

紀伊山地和歌山県、奈良県、三重県に位置している「紀伊山地の霊場と参詣道」が2004年7月にユネスコの世界文化遺産として登録されました。

→ 紀伊山地の霊場と参詣道を詳しく見る


石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山島根県にある「石見銀山遺跡とその文化的景観」が2007年6月にユネスコ世界遺産会議で世界文化遺産に登録されました。

→ 石見銀山遺跡とその文化的景観を詳しく見る



屋久島

屋久島鹿児島市から南に約130kmの海上に浮かぶ「屋久島」が1993年12月に世界自然遺産に登録されました。

屋久島は、周囲約132kmのほぼ円形の島で、だいたい東京都23区と同じくらいの面積しかない小さな島ですが、日本列島の植生が凝縮された自然環境があります。

→ 屋久島を詳しく見る

白神山地

白神山地青森県と秋田県にまたがる大自然で世界最大規模の原生のままの状態で残されているブナの原生林からなる山地である「白神山地」が1993年12月に日本で最初の世界遺産(自然遺産)として登録されました。

→ 白神山地を詳しく見る


知床

知床北海道東部に位置するオホーツク海に突き出たような知床半島の「知床」が2005年7月に自然遺産に登録されました。

→ 知床を詳しく見る






世界遺産登録までの流れ

まず、国や地域の担当政府機関が候補地推薦・暫定リストを作成、ユネスコ世界遺産委員会へリストを提出、委員会へ評価依頼をします。

文化遺産候補は、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が現地調査し報告、自然遺産候補は、国際自然保護連合(IUCN)が現地調査し報告、その後、ユネスコ世界遺産委員会が登録推薦を判定して、世界遺産委員会で最終審議を行います。

そして正式登録という流れです。

世界遺産へ旅立つなら、お得なサービスが受けられるJALカードをお勧めします。

JALは航空カードの中で登録会員数No.1を誇る信頼性の高いカードです。

JALカード活用記~ゴールドカードホルダーが案内~: 圧倒的な会員数を誇る旅のサービスカードです。マイルの貯め方についても特集します

沖縄世界遺産近くのゲストハウス:沖縄の「今帰仁城跡」を見に行くなら程近いゲストハウスがあります。「サボテンスマイル」は一泊2500円から宿泊できます。

世界遺産にすぐ行けるちょっと高級なホテル

高級ホテル五邸:「今帰仁五邸~Suite Hotel & Resort」にはプライベートビーチがあり、のびのびとした環境で最上級のくつろぎを提供します。